目的と条件別に比較できる人気キャッシングをランキングで紹介

審査に通りにくい人

過去にキャッシング会社による返済の遅れや未払いがあった場合は、審査に通りにくいでしょう。そういった情報は金融機関全体でつながっているので、信頼を回復するのは難しいでしょう。5年ほどすればクリアになる可能性はあります。 自己破産をしている場合や債務整理を行っている場合もまず無理とお考えください。キャッシングで審査を通すにはまず第一に「信頼」が必要となってきます。

安定した収入が鍵となってきます。過去半年間の給料明細が定額でしっかりもらえているか、不安定なアルバイトやパートでも収入の証明がきちんとできれば審査には通りますが、証明ができない場合は審査に通りにくいでしょう。会社勤めをしている人より自宅で自営業をやっている場合も同じ理由で通りにくいです。

内容をまとめてもう一度考えて見ましょう。審査に通るにはどうすればいいのか?

まず前歴がきちんとしていること。まだキャッシング未経験の人は問題ありません。

お店をオープンしたり会社を立ち上げたりなど事業に失敗して、借金をかかえ自己破産を余儀なくされた場合は借りることはできません。逆の立場で考えると自己破産を過去に行った事がある人にお金を貸して、また自己破産をされでもしたら、貸したほうは大損してしまうわけですね。そんな人には当然お金は貸すことはできません。

月によってお給料の金額が違う人は最低いくら以上のラインで判断されますので、過去半年間は一般の平均収入、18万円以上は欲しいところです。

自営業の人も景気がよくて月々安定した売上が上がっていれば特に問題はないでしょう。
と、このように借りる側と貸す方の立場になって考えるとすぐにわかる事です。
是非とも信頼を勝ち取りましょう。